FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

浦和・第27回埼玉新聞栄冠賞(SIII)

2017-10-19-Thu-08:00
第27回埼玉新聞栄冠賞。
1着馬に浦和記念への優先出走権が与えられます。
今年は11頭で争われ、川崎からはセイスコーピオン、イッシンドウタイの2頭が参戦しました。

レースはハーキュリーズ、タイムズアロー、オウマタイムの内枠勢が先頭集団を形成して1周目の3角を周りますが、4角で外からカンムルが内に切り込みながら2番手まで押し上げます。
2周目の向こう正面に入るとカンムルが早くも先頭を伺い、遅れまいとディアドムスも並びかけます。後方からはイッシンドウタイ、タマモネイヴィーがスパートを開始。
2周目の3角を周る時にディアドムスが一旦先頭に立ちますが、内のカンムルも負けじと抵抗。両者並んだまま直線を向き、ゴールまで激しいデッドヒートが続きましたが最後はカンムルがハナ差で競り勝ちました。

優勝はカンムル(8番)
 171018 埼玉新聞栄冠賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第27回埼玉新聞栄冠賞 結果

セイスコーピオンは5着、イッシンドウタイは9着という結果でした。

5着:セイスコーピオン
 171018 埼玉新聞栄冠賞-02 171018 埼玉新聞栄冠賞-03

9着:イッシンドウタイ
 171018 埼玉新聞栄冠賞-04 171018 埼玉新聞栄冠賞-05


 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME