川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第17回ローレル賞(SIII) ゴールドパテックが優勝!

2017-11-08-Wed-08:10
GRANDAME-JAPAN 2017 2歳シーズン第4戦は、今年で17回目を迎えるローレル賞(SIII)。
1~3着馬には東京2歳優駿牝馬への優先出走権が与えられます。
今年は14頭立てで行われました。

レースは各馬が周りの出方をうかがう中、大外枠からストロングハートがハナを切る勢いでしたが真ん中からポッドジゼルが気合をつけて先手を主張、ハナに立ちます。
縦長の隊列で2角から向こう正面に入りペースが再度あがります。快調に逃げるポッドジゼルを2番手で追うストロングハートと直後にゴールドパテック。外から押し上げて行くのはシェーンリートやグラヴィオーラ。内からはクレイジーアクセルが差を詰めていき3角へ。
4角でストロングハートが先頭に並びかけますが後続を突き放せずにいる所を鋭い脚で差し切ったのはゴールドパテック。1馬身差をつけて重賞タイトルを手にしました。
2着には内から伸びてきたハタノサンドリヨン、3着はストロングハートが凌ぎきり、上位3頭は東京2歳優駿牝馬への優先出走権を獲得しました。
また鞍上の瀧川寿希也騎手はこれが南関東での重賞競走初制覇となりました。

優勝はゴールドパテック
 171107 ローレル賞-01 171107 ローレル賞-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第17回ローレル賞 結果

レース後の検量室前


口取り
 171107 ローレル賞-03

勝利ジョッキーは瀧川寿希也騎手
 171107 ローレル賞-04

 

表彰式、岩本洋調教師、甲斐勝也厩務員
 171107 ローレル賞-05 171107 ローレル賞-06 171107 ローレル賞-07

最後は恒例の記念撮影
 171107 ローレル賞-08

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

※調教師インタビュー動画
 

尚、川崎競馬からは4頭が参戦しました。

1着:ゴールドパテック
 171107 ローレル賞-09 171107 ローレル賞-10

5着:ポッドジゼル
 171107 ローレル賞-11 171107 ローレル賞-12

11着:ピースフルジョイ
 171107 ローレル賞-13 171107 ローレル賞-14

14着:サウスグローリー
 171107 ローレル賞-15 171107 ローレル賞-16
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME