川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

川崎記念馬リージェントブラフが死亡

2008-04-24-Thu-23:53
2002年の川崎記念を制したリージェントブラフが死亡していたことを知りました。

川崎記念では見事な差しきり勝ち。
そのほかダイオライト記念や名古屋グランプリ勝ちなど統一グレードをにぎわしました。
57戦9勝のうち14戦3勝は地方で挙げたものです。

2004年のドバイワールドカップ遠征(9着)を最後に引退し種牡馬入り。
レックススタッドを経て浦河町の大原ファームで繋用されていましたが、種牡馬としては2シーズンのみの供用。
2007年からは功労馬として余生を送っていたそうですが、4月7日に病気のため亡くなりました。

初年度産駒は今年2歳。
わずか2頭だけ。

その少ない産駒から活躍馬が出ることを祈るばかりです。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

名古屋 競馬

[ライフ]デニス・ベルカンプのスーパープレー集リストアップの必要はあまりせん ☆セミナー・イベントに行く必要もありません ○ー○ライ...
HOME