FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成29年度第10回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2017-12-16-Sat-08:00
今開催は2鞍、計10頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹いたします。

5頭立てで行われた1レース。 距離1400m
勝利したのは、今野忠成騎手騎乗のカナールクイン[牝]。

レースはばらばらっとしたスタートからシントーサクラがハナを主張、1番人気に推されたパレスショウグンはその外側半馬身差につけてレースを進めます。
4角でGoサインを出すとすっと先頭に立ったパレスショウグンでしたが、後ろからジリジリと伸びてきたのはカナールクイン。ゴール直前で交わし、ハナ差でデビュー戦を制しました。
タイム1分43秒3

優勝はカナールクイン
 171215 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 カナールクイン[牝] 内田 勝義 厩舎

 父:バトルプラン 母:ユメザンマイ (母の父:フジキセキ)


5頭立てで行われた2レース。 距離1400m
勝利したのは、真島大輔騎手騎乗のデランブル[牡]。

レースはマツリダピーナッツが逃げる展開。ナターレ・ストロングジーンの弟であるデランブルは4番手で前をじっくり見る位置で追走していましたが
ペースが遅いので3角から仕掛け始め、4角過ぎで前を捉えるとあとは気を抜かないようにステッキが入るのみ。1/2馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム1分33秒3

優勝はデランブル
 171215 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 デランブル[牡] 内田 勝義 厩舎

 父:シンボリクリスエス 母:ロージーチャーム (母の父:ダンスインザダーク)

  
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME