FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

39thホワイトクリスマス賞

2017-12-16-Sat-08:40
2017年川崎競馬開催最終日の最終レースは芦毛・白毛馬限定競走の「ホワイトクリスマス賞」。
1980年(昭和55年)に第1回が行われ、今年で39回目となります。
今年は、芦毛馬14頭によって行われました。

パドックを周回する全14頭の芦毛馬たち。
 171215 39thホワイトクリスマス賞-01 171215 39thホワイトクリスマス賞-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

今年出走した14頭
 171215 39thホワイトクリスマス賞-03 171215 39thホワイトクリスマス賞-04 171215 39thホワイトクリスマス賞-05
 171215 39thホワイトクリスマス賞-06 171215 39thホワイトクリスマス賞-07 171215 39thホワイトクリスマス賞-08
 171215 39thホワイトクリスマス賞-09 171215 39thホワイトクリスマス賞-10 171215 39thホワイトクリスマス賞-11
 171215 39thホワイトクリスマス賞-12 171215 39thホワイトクリスマス賞-13 171215 39thホワイトクリスマス賞-14
 171215 39thホワイトクリスマス賞-15 171215 39thホワイトクリスマス賞-16

誘導馬3頭も芦毛で馬場には計17頭の芦毛が勢ぞろい
 171215 39thホワイトクリスマス賞-17

レースタイトル
 171215 39thホワイトクリスマス賞-18

1周目の直線 カクテル光線に映える芦毛馬たち
 171215 39thホワイトクリスマス賞-19

逃げを打ったのはギンガメテオール
 171215 39thホワイトクリスマス賞-20

ギンガメテオールの逃げを1馬身差でベルサーリオ、さらにウォースパイト、アルファベットが先団を形成します。
3角でリードを広げたギンガメテオールでしたが、アルファベットが詰め寄ってきて4角を回ると残り200mであっさりと先頭に立ち、最後は3馬身差で快勝しました。

優勝はアルファベット
 171215 39thホワイトクリスマス賞-21

 39thホワイトクリスマス賞 結果

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME