川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ファイナルラウンド大井リポート

2017-12-28-Thu-08:50
12月27日、大井競馬場で2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ファイナルラウンド大井が行われました。

今年から始まったYJS。
「2017ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド」から勝ち上がった地方競馬から7名、JRAから7名、総勢14名の若手ジョッキーが12月27日(水)大井競馬場、28日(木)JRA中山競馬場で「2017ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド」を争います。

4レース終了後に騎手14名の紹介式が行われました。
サッカーワールドカップ入場曲「FIFA anthem」に合わせて地元小学校の生徒さんと共に登場した騎手達。
(JRA所属騎手はYJSオリジナル騎手服を着用)
 171227 YJSFR大井-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

ヤングジョッキーズの応援として偉大な先輩騎手(武豊騎手、的場文男騎手)から応援メッセージが場内ビジョンにて放映されました。
的場文男騎手は「自分もYJSシリーズに出場したかったのですが、若くないので…」とおちゃめな一面も見せてくれました。

第1戦、第2戦で1枠1番となった臼井健太郎騎手(船橋)、藤田菜七子騎手(JRA)が代表して、騎手宣誓を行いました。
 171227 YJSFR大井-02

川崎競馬からは中越琉世騎手(トライアルラウンド:南関東ブロック3位)が出場しました。
 171227 YJSFR大井-03

最後にYJS特製ジャンパーを脱ぎ、勝負服になって全員で記念撮影
 171227 YJSFR大井-04 171227 YJSFR大井-05


◆第7R YJSFR大井第1戦 1,800m◆

パドックに整列したヤングジョッキー達
 171227 YJSFR大井-06

レースは真ん中から好スタートを切った森裕太朗騎手(JRA栗東:マルカンファイヤー)を交わして岩崎翼騎手(JRA栗東:フェスティヴデール)がハナへ、断然の1番人気に推された臼井健太郎騎手(モンドバーグ)はもっさりとしたスタートでしたが一気に2番手まで上がり、逃げ馬をマークします。
向こう正面に入り、これ以上離されてはと後続勢が動き出しますが前を行く2頭との差は詰まりません。直線に入り逃げこみを図る岩崎翼騎手でしたが、臼井健太郎騎手が残り100mで捉えると最後は3馬身差をつけて快勝。
2着には岩崎翼騎手が粘りきり、頭差の3着には鈴木祐騎手(岩手:ルーファス)、1頭追い込んできた中越琉世騎手(川崎:コアレスレンジャー)がクビ差の4着でした。

1着 臼井健太郎騎手(船橋)、2着 岩崎翼騎手(JRA栗東)、3着 鈴木祐騎手(岩手)
 171227 YJSFR大井-07

 2017YJSファイナルラウンド大井第1戦 結果

川崎競馬所属の中越琉世騎手はレース上がり3ハロンを2秒1上回る追い込みを見せましたが、結果4着。
 171227 YJSFR大井-08 171227 YJSFR大井-09 171227 YJSFR大井-10

4着:中越琉世騎手コメント
 「後ろから行く馬なんでゆっくり行こうと思っていましたが3、4コーナーで置かれてしまって。少し早め仕掛けていればもっと着順は上だったはず。ゆっくり行き過ぎたのが反省点ですね」


◆第9R YJSFR大井第2戦 1,200m◆

レースは中から菊澤一樹騎手(JRA美浦:フジノロンシャン)が好スタート、内から保園翔也騎手(浦和:ネオブラヴ)、森裕太朗(JRA栗東:サダムフジコ)も引かないままレースが進みましたが
3角で保園翔也騎手が先頭に立つと他の2頭を引き離し、最後まで先頭を譲らず1馬身1/4差で優勝。
直線内から伸びてきた加藤総一騎手(愛知:マルリーコナン)と馬群を割って追い込んできた中越琉世騎手(川崎:ハルマツイブキ)の2着争いはハナ差で加藤総一騎手が2着となりました。

1着 保園翔也騎手(浦和)、2着 加藤総一騎手(愛知)、3着 中越琉世騎手(川崎)
 171227 YJSFR大井-11

 2017YJSファイナルラウンド大井第2戦 結果

川崎競馬所属の中越琉世騎手は第1戦に続き、メンバー最速の上がりで差してきましたが、3着という結果でした。
 171227 YJSFR大井-12 171227 YJSFR大井-13 171227 YJSFR大井-14

3着:中越琉世騎手コメント
 「先生からは抑えたらズブいけど追ったらグングン伸びると聞いていたし、手応えの良さからもこれはと思ったんですが差すことができなかった。よく伸びてくれたんですが。そでも2戦とも着に入ってポイントを取れたので中山戦が面白くなってきました。」


2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ファイナルラウンド大井終了時点の総合順位は特設サイトをご覧ください。

 2017YJSファイナルラウンド総合順位

川崎競馬の中越琉世騎手は、第2戦を終えて暫定3位。首位との差は7ポイント。
残るは中山競馬場での2レースのみ。紹介式の時に見せた「招き猫」のポーズで是非ともタイトルをその手に招きいれて欲しいものです。

紹介式で隣りに並んだ金沢:栗原大河騎手と招き猫のポーズをする中越琉世騎手
 171227 YJSFR大井-15

2017ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)ファイナルラウンド中山は12月28日(木)JRA中山競馬場にて行われます。
果たして初代王者はどの騎手になるのでしょうか?

    
   
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME