FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

清酒盛升黄金井酒造盃ゴールデンホース賞

2018-01-03-Wed-08:00
2018年正月開催2日目の10レースには栗毛・栃栗毛馬限定競走の「ゴールデンホース賞」。
1992年に第1回が行われ、2007年からはお正月開催の名物レースとして毎年行われるようになりました。
15回目となる今年は、栗毛馬14頭(1頭はレース直前に競走除外)によって行われました。

パドックを周回する全14頭のゴールデンホースたち。
 180102 ゴールデンホース賞-01 180102 ゴールデンホース賞-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

今年出走した14頭
 180102 ゴールデンホース賞-03 180102 ゴールデンホース賞-04 180102 ゴールデンホース賞-05
 180102 ゴールデンホース賞-06 180102 ゴールデンホース賞-07 180102 ゴールデンホース賞-08
 180102 ゴールデンホース賞-09 180102 ゴールデンホース賞-10 180102 ゴールデンホース賞-11
 180102 ゴールデンホース賞-12 180102 ゴールデンホース賞-13 180102 ゴールデンホース賞-14
 180102 ゴールデンホース賞-15 180102 ゴールデンホース賞-16

レースタイトル
 180102 ゴールデンホース賞-17

逃げを打ったのはエスシーエイト
 180102 ゴールデンホース賞-18

レースは外からエスシーエイト、アズマタイムズが押して行きますがエスシーエイトがハナを取りきりレースを引っ張ります。断然の1番人気に推されたラーゴブルーはその直後外側3番手を追走。
向こう正面で再度ペースアップして後続を引き離そうとしますが思うように差が広がりません。4角では既にラーゴブルーが射程圏に捉え、残り200mを過ぎた所で先頭に立つと最後は1馬身1/2差をつけて優勝しました。

優勝はラーゴブルー
 180102 ゴールデンホース賞-19

 ゴールデンホース賞 結果

勝利ジョッキーは御神本訓史騎手
 180102 ゴールデンホース賞-20

御神本訓史騎手コメント
 (おめでとうございます)ありがとうございます。
 (1番人気でしたが)今日はイレ込んでいたのでレースに影響しなければいいと思っていましたが、うまく落ち着かせられて人気に応える事が出来てホッとしてます。
 毛色などはレースでは気にしていなかったのですが、昨年はホワイトクリスマス賞も勝たせて頂いたのでこれからは少し意識してみようかと思います。
 去年はおかげさまで(騎手に)復帰させて頂きまして順調な滑り出しが出来たのですが、怪我も多い年だったので今年は怪我をなるべく少なくして1日1日、1レースを丁寧に乗っていって良いレースを出来るように心がけたいと思います。
 寒い中、新年から御来場頂きありがとうございます。皆様が競馬場に来られ馬券を買ってくださるおかげで僕達騎手という職業が成り立っています。その事に少しでも貢献出来るように毎日1レース1レースを丁寧に大事に騎乗していく事を約束しますのでこれからも競馬場、御神本をよろしくお願い致します。

プレゼンターは黄金井酒造醸造師:高羽様が務められました。
 180102 ゴールデンホース賞-21

高羽醸造師様コメント
 皆様あけましておめでとうございます。
 私共、盛升の黄金井酒造は厚木市七沢にございます。文政元年(1818年)創業以来、今年で200周年を迎える事が出来ました。皆様の御愛顧と思い感謝しております。ありがとうございます。
 並びに私が醸造を担当しております「相模ビール」も今年20周年を迎える事が出来ました。これからも皆様、合わせてよろしくお願い致します。

最後は恒例の記念撮影
 180102 ゴールデンホース賞-22

関係者のみなさま、おめでとうございます。

黄金井酒造の詳細につきましては こちら をご覧ください。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME