FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第54回報知オールスターカップ(SⅢ)

2018-01-04-Thu-08:10
2018年正月開催3日目のメインレースは南関東競馬で今年最初の重賞となる報知オールスターカップ(SIII)
1着馬には川崎記念、及び、ダイオライト記念への優先出走権が与えられます。

2004年から地方競馬全国交流競走となり、2007年から2100mで行われている報知オールスターカップ。今年は、金沢競馬から2頭、ホッカイドウ競馬から各1頭が参戦しました。

レースは内から好スタートを決めたメイジンがハナへ、その外にスーパーステション、2番手集団に控えてトロヴァオとイッシンドウタイ。そこからやや離れた3番手集団に断然の1番人気に推されたディアドムスの隊列で1周目の3角に進みますが、スーパーステションは外に大きく膨れてしまします。
単騎逃げになったメイジンは14秒台のラップにペースを落として1~2角を回ります。向こう正面に入るとキスミープリンスやオリオンザジャパンらが一気に動き出しペースが上がります。
内ラチ沿いで前から5番手でじっとしていたディアドムスが動き出したのは横に開きが出来た3~4角中間、ステッキが2発入ると鋭く反応4角では早くも先頭集団に並びかけ、必死に追いすがるオメガスカイツリーに3馬身差をつけて完勝しました。

優勝はディアドムス
 180103 報知オールスターカップ-01 180103 報知オールスターカップ-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第54回報知オールスターカップ 結果

レース後の検量室前
 

口取り
 180103 報知オールスターカップ-03

勝利ジョッキーは岡部誠騎手
 180103 報知オールスターカップ-04

 

表彰式
 180103 報知オールスターカップ-05

プレゼンターは稲村亜美さんが務められました。
 180103 報知オールスターカップ-06

最後は恒例の記念撮影
 180103 報知オールスターカップ-07

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

※調教師インタビュー動画
 

尚、川崎競馬からはオメガスカイツリー、イッシンドウタイ、スーパーステションの3頭が参戦しました。

2着:オメガスカイツリー
 180103 報知オールスターカップ-08 180103 報知オールスターカップ-09

11着:イッシンドウタイ
 180103 報知オールスターカップ-10 180103 報知オールスターカップ-11

14着:スーパーステション
 180103 報知オールスターカップ-12 180103 報知オールスターカップ-13


今年の報知オールスターカップは平成29年に記録した同競走の売得金額レコード(4億8,136万4,900円)を更新するとともに、同競走施行日における1日あたりの売得金のレコードを更新しました。

 報知オールスターカップ競走の売得金レコードの更新について


       
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME