FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

能力調教試験見学会&バックヤードツアー

2018-01-07-Sun-08:00
開催5日目の1月5日朝7:30より、公式HPから応募され当選された方、SPAT4プレミアム会員でお申し込みされた方を対象に能力調教試験見学会&バックヤードツアーが行われました。

■能力調教試験見学会

 1号スタンド4階特別観覧席にて、進行:荘司典子さん、浅野靖典さん、特別ゲストとして村田六郎調教師、山崎裕也調教師が馬の見方や試験の意味について解説しました。
 合格すれば良いと考える厩舎、実戦に向けて砂をかぶらせるようにする厩舎など、厩舎のスタイルを覚えておくと能力試験の結果をどう捉えるか変わってくるようです。
 能力調教試験1Rには山崎裕也厩舎のポンドゼルク(母:アイディアルクイン、九州ダービー馬キングプライドの半弟)が出走。前回の能力調教試験ではゲートの音に驚き出遅れて不合格となってしまったので今回が再試験となります。
 どんなに能力が高い馬でもこの試験を合格しない事にはレースに出走できません。

 見学会の様子
  180105 能試見学&バックヤードツアー-01 180105 能試見学&バックヤードツアー-02

 村田六郎調教師、山崎裕也調教師
 厩舎に馬が来たらまず馬とふれあう事。時にはニンジンを3本に増やすなど餌で釣る事もあります。中には徹底して逆らう馬も居ますが、とにかく愛情を注ぐ事です。人と馬が1つにならないとゲートに入ってくれません(村田六郎調教師)
  180105 能試見学&バックヤードツアー-03 180105 能試見学&バックヤードツアー-04

 4Fからパドックの様子を見た後は、いよいよ能力調教試験の発走です。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-05 180105 能試見学&バックヤードツアー-06

 1Rはポンドゼルクが1着。2Rはカンナカムイ(外)とマンダラキッス(内)が並んでゴール。この日試験を受けた5頭は無事全馬合格しました
  180105 能試見学&バックヤードツアー-07 180105 能試見学&バックヤードツアー-08

■バックヤードツアー

 装鞍所で試験を終えた馬がクールダウンしている様子を見学していると、丁度山崎裕也調教師が通りかかりました。「これほど(色々な意味で)プレッシャーのかかった試験は初めてです。そして能試を受かってこんなに拍手を貰ったのも初めてです(笑)」
  180105 能試見学&バックヤードツアー-09

 普段は馬が周回するパドックを今日は参加者の皆さんが周回。パドックと観覧エリアは想像以上に近いです。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-10

 本日の能力調教試験に騎乗した騎手とのふれあい。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-11

 今野忠成騎手会長、瀧川寿希也騎手、増田充宏騎手。
 川崎競馬が正月開催に固定されてから毎年調整ルームで年越しになりましたが、その分、あげるお年玉の額は減りました笑(今野忠成騎手)
 この後、レースまでの間には前夜食事した分をサウナで減量する騎手が多いとの事。体重が47キロの増田充宏騎手は逆にこれから朝食。ちなみに川崎所属騎手で一番軽いのは中越琉世騎手(43キロ)
  180105 能試見学&バックヤードツアー-12 180105 能試見学&バックヤードツアー-13 180105 能試見学&バックヤードツアー-14

 全員で記念撮影
  180105 能試見学&バックヤードツアー-15

 誘導馬馬房。アルマトゥーラとビービートルネードがお出迎え
  180105 能試見学&バックヤードツアー-16 180105 能試見学&バックヤードツアー-17 180105 能試見学&バックヤードツアー-18

 通過するだけで計測出来る馬体重計から、レース後の洗い場を経由し、馬運車乗降場へ
  180105 能試見学&バックヤードツアー-19 180105 能試見学&バックヤードツアー-20 180105 能試見学&バックヤードツアー-21

 検量室前と馬頭観音
  180105 能試見学&バックヤードツアー-22 180105 能試見学&バックヤードツアー-23

 コースを横断。内ラチの真下は砂が殆どありません。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-24 180105 能試見学&バックヤードツアー-25

 馬場の内側を半周します。向こう正面の直線にさしかかるとハロー車が通りかかりました。内ラチ沿いはこのようにハローがけするのですね。給水車も停まっていました。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-26 180105 能試見学&バックヤードツアー-27 180105 能試見学&バックヤードツアー-28

 ゲート見学。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-29 180105 能試見学&バックヤードツアー-30 180105 能試見学&バックヤードツアー-31

 地方競馬とJRAのゲートの違いなどの説明の後、馬番号標識の差し替えを実演しようとする浅野靖典さん、ちょっと危ないような…途中で断念。それだけ大変な仕事という事です。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-32 180105 能試見学&バックヤードツアー-33 180105 能試見学&バックヤードツアー-34

 今回は実際にゲートがどのように開くのか実演もありました。スターターがレバーを握るとゲートはこのように開くのですね。想像以上に凄い音がします。
  

 ゴール板の裏側
  180105 能試見学&バックヤードツアー-35 180105 能試見学&バックヤードツアー-36

 参加者の皆様に小瓶が配られ、川崎競馬場の砂をお持ち帰り頂きました。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-37

 インタビューボードの前で、ヒーローインタビューを再現してみせる荘司典子さん。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-38

 時間があったのでウィナーズサークルで記念撮影。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-39

 この後は業務エリア(採決室、カメラ室)の見学もありましたが、こちらは撮影NGのため写真はありません。

■競馬観戦会

 バックヤードツアー終了後は1号スタンド5階来賓室にて競馬観戦会。参加者全員に川崎競馬グッズ、特別観覧席引換券や競馬専門誌がプレゼントされました。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-40 180105 能試見学&バックヤードツアー-41

 騎手のサイン入りゴーグルが当たる抽選会や、5着6着馬を当てるミニゲームも行われました。用意された賞品からミニゲーム当選者が真っ先に手にしたのは高知のカツオ人間ストラップでした。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-42 180105 能試見学&バックヤードツアー-43 180105 能試見学&バックヤードツアー-44

 観戦会途中で飛び入りでスペシャルゲスト登場:船橋の大津調教師補佐
  180105 能試見学&バックヤードツアー-45

 昨年は馬券好調で参加者全員に今川焼をふるまった浅野靖典さん、今年はそれが出来ずに悔し泣き。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-46

朝7:30から10時間の長時間イベントでしたが、参加されたお客様は十分楽しんで頂けたのではないでしょうか。

イベントの進行を担当された浅野靖典さん、荘司典子さんもお疲れ様でした。最後に記念写真を撮るお2人。
  180105 能試見学&バックヤードツアー-47
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME