川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

大井・第21回TCK女王盃(JpnIII)

2018-01-26-Fri-08:00
第21回TCK女王盃。
1着・2着となった地方競馬所属馬にはエンプレス杯への優先出走権が与えられます。
今年は1頭が競走除外となり14頭で争われ、川崎からはファイトユアソングとリボンスティックの2頭が参戦しました。

レースは内からオールポッシブルがハナを主張。ララベルが2番手で1角、断然の1番人気に推されたプリンシアコメータはその直後で前を見ながらレースを進めます。
残り1,000mからミッシングリンク、ブランシェクールが前を射程圏に捉え、3角を周ります。
4角では人気どころが横一線となりますが、内を突いたプリンシアコメータが伸びを欠き、対象的に中から力強く抜け出してきたのはミッシングリンク。
ブランシェクール、ラインハートの追撃を寄せ付けず、2馬身差をつけて優勝しました。

優勝はミッシングリンク
 180124 TCK女王盃-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第21回TCK女王盃 結果

ファイトユアソングは4角9番手からよく伸びてきて5着、リボンスティックは11着という結果でした。

5着:ファイトユアソング
 180124 TCK女王盃-02 180124 TCK女王盃-03 180124 TCK女王盃-04

11着:リボンスティック
 180124 TCK女王盃-05 180124 TCK女王盃-06 180124 TCK女王盃-07
 


 
関連記事
スポンサーサイト
HOME