川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

クラシックジュニアカップ

2018-03-03-Sat-08:00
開催5日目の9レースには「クラシックジュニアカップ」が13頭立てで行われました。
JRAの牡馬クラシック三冠(皐月賞、東京優駿、菊花賞)優勝馬を父に持つ馬のみが出走可能なレースです。
出走馬の父はマンハッタンカフェ、ディープスカイ、キングカメハメハ、トウカイテイオー、ジャングルポケット、ネオユニヴァース。ディープインパクト、タニノギムレット、アサクサキングスが揃いました。

レースは1番人気に推されたジョーカトゥーラが逃げ、差なくパルファンデュロワ、ロゼッタハートとトウカイフェスタが続きやや速い流れ。
2角で息を入れたジョーカトゥーラが向こう正面でペースアップしますが後続との差を大きく広げられません。
4角を回った所でロゼッタハートがジョーカトゥーラに並びかけ一旦先頭に踊り出ましたが、馬場の真ん中から追い込んできたジャイアンヴォーグとアプレイザルが一気に飲み込み、最後はジャイアンヴォーグが1馬身1/2差で優勝しました。

優勝はジャイアンヴォーグ
 180302 クラシックジュニアカップ-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 クラシックジュニアカップ 結果
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME