川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

フィリアレギス大井で中間追い

2008-05-07-Wed-21:34
桜花賞馬フィリアレギスが東京プリンセス賞出走に向けて大井競馬場で中間追いを行いました。
080507firiaregis3.jpg

桜花賞後すぐさま短期放牧に出されていたフィリアレギスでしたが3月31日に帰厩してからは中3日ごとに追うというハードな調教を積んできました。

「4日前に追ったときと比べても力強くなっているのを感じますね。牝馬ですから疲れをいかにとってあげられるかが自分の役割だと思っています」
と阿部厩務員。

080507firiaregis4.jpg

大井へ運んでの調整は今朝が2度目。
1000メートルから単走でじわじわとスピードアップし直線少し気合いを付ける内容。
639  507  374というタイムでした(協力:競馬ブック)。

「今日はゆっくり加速しましたが前回大井に運んだときより動きも良くなっているし、気合い乗りもいい。大井コースでの手前の替え方もスムーズになりましたね」
と騎乗した戸崎騎手。

このあとは小向で最終追い切りで仕上げられますが、
「東京プリンセス賞のレースぶりによっては東京ダービーに向かうつもり」
と池田調教師も充実ぶりに満足そうでした。

川崎から牝馬のダービー挑戦というとロジータやカシワズプリンセスをイメージしますね。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME