川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成30年度第2回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2018-05-19-Sat-08:00
今開催は1鞍、7頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

7頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、森泰斗騎手騎乗のセイシャレード[牝]。

レースは3馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒6

 180518 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 セイシャレード[牝] 八木 正喜 厩舎

 父:カジノドライヴ 母:ノアノア (母の父:クロフネ)


またこのレースには、元川崎競馬所属だった馬を父と母に持つミナノキングも出走しました。
以前応援していた馬の仔をまた応援できるのも競馬の楽しみの1つです。
 180518 スパーキングデビュー-02

パドックに張り出された ギンザグリングラス「っ仔」 の横断幕
 180518 スパーキングデビュー-03

 ミナノキング[牡] 山田 正実 厩舎

父馬、母馬 どちらに似ているかな?
 左 父:ギンザグリングラス(現役時:山田正実厩舎所属)
 中 仔:ミナノキング
 右 母:キョウエイプレアー (現役時:山崎尋美厩舎所属)

 180518 スパーキングデビュー-04 180518 スパーキングデビュー-05 180518 スパーキングデビュー-06
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME