川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第54回関東オークス(JpnII)

2018-06-14-Thu-08:20
開催3日目のメインレースは第54回関東オークス(JpnII)
1着となった地方競馬所属馬にはジャパンダートダービーへの、また1・2着となった地方競馬所属馬にはスパーキングレディーカップへの優先出走権が与えられます。
今年は13頭立てで行われました。

レースは内からクレイジーアクセルがダッシュよくハナを奪うとメイショウヒサカタを引き連れてレースを引っ張ります。断然人気に推されたララプリムヴェールはスタートでやや遅れたものの1周目3角までに盛り返して前の2頭を追いかけます。
4番手にはゴールドパテックとプリンセスノンコが前を見ながら併走。その後ろにハービンマオ、エグジビッツ、アクアレジーナと縦長の展開。
クレイジーアクセルの緩急を利かした逃げについていった2頭でしたが、2周目の3角で置かれ始め、代わりにその後ろで構えていたゴールドパテックが2番手に上がり、更にその後ろの内ラチ沿いからハービンマオも一気に差を詰めてきます。
残り200mを切った所でゴールドパテックが先頭に立ちますが、ハービンマオが猛追。3/4馬身交わし切った所がゴールでした。

優勝はハービンマオ
 180613 関東オークス-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第54回関東オークス 結果

レース後の検量室前
 

口取り
 180613 関東オークス-02 180613 関東オークス-03

勝利ジョッキーは松岡正海騎手
 180613 関東オークス-04

 

表彰式
 180613 関東オークス-05

最後は恒例の記念撮影
 180613 関東オークス-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

尚、川崎競馬から参戦したゴールドパテックは直線で一旦先頭に立ちましたが、ゴール直前で差されて惜しくも2着となりました。

2着:ゴールドパテック
 180613 関東オークス-07 180613 関東オークス-08 180613 関東オークス-09

今年の関東オークスは昨年に記録した同競走の売得金額レコード(5億5,812万6,700円)を更新しました。

 関東オークス競走の売得金レコードの更新について
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME