川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

湘南発祥の地 大磯町特別

2018-06-16-Sat-08:30
開催5日目のメインレースには「湘南発祥の地 大磯町特別」が行われました。

レースは好スタートを決めたトゥモローウィングでしたが、押してゴッドフュージョンがハナを奪います。その外に差なくレジェンドセプター、ロッジポールパインが続き、ジュリエットレターはそれを見ながらの4番手を追走。
向こう正面に入っても一気に前へ行く馬はおらず、ゴッドフュージョンを先頭に誰が先に動くか様子を伺っています。
3角を回ってから次第に騎手の手が動き始めますが、先頭をいく澤田龍哉騎手はまだじっくりと構え4角を回ってから追い出しを開始します。
人気2頭が必死に追いかけますが、余力十分のゴッドフュージョンは止まりません。結局1馬身1/2差をつけてゴッドフュージョンがそのまま逃げ切り勝ちを収めました。

優勝はゴッドフュージョン
 180615 大磯町特別-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 大磯町特別 結果

勝利ジョッキーは澤田龍哉騎手
 180615 大磯町特別-02

澤田龍哉騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 休み明けだったんですけど仕上がりは良かったので思い切って乗りました。
 坂本昇調教師からちょっと前の方へ行ってくれという指示だったので、少し出負けしてしまったんですが馬がスーッと出ていってくれたのでそのまま逃げる事になりました。
 出負けしたのでちょっと無理して仕掛けていった所はあるんですけれど、道中ゆったりとした流れでいけたので手応えもあったので、最後の直線でも(このまま)いけるかな?と思っていました。
 攻め馬には乗せてもらっているのである程度クせや乗った感じは分かっているので結果が出せて良かったです。
 (この馬は)これからまだ力もついてくると思うのでもう少し上でもやれるかなと思っています。
 応援ありがとうございました。これからも頑張りますので是非競馬場へも足を運んでください。

プレゼンターは大磯町商工会大磯逸品の会顧問:川口宏昭様が務めました。

川口宏昭様によるPRコメント
 180615 大磯町特別-03

 大磯町は神奈川県の南部中央にある人口約3万2千人の町で、東海道の宿場としては日本橋から数えて8番目になります。
 7月1日には海開きが行われ、明治18年に開設された海水浴場が134年目を迎えます。
 また今年は明治元年から起算して150年の節目の年であり、この秋にかけ旧伊藤博文邸など明治記念大磯庭園として整備される事が決まりました。
 明治時代の政財界人の暮らした別荘に関するイベントが数多く企画されています。
 大磯町商工会でも明治150年記念商品の認定にも取り組んでおります。是非大磯町に足を運んで頂き、散策して頂ければ嬉しいです。

最後は恒例の記念撮影
 180615 大磯町特別-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。

大磯町商工会のホームページは こちら をご覧下さい。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME