FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第22回スパーキングレディーカップ(JpnIII)

2018-07-06-Fri-08:10
開催4日目のメインレースは第22回スパーキングレディーカップ(JpnIII)
1着となった地方競馬所属馬にはレディスプレリュードへの優先出走権が与えられます。
今年は13頭立てで行われました。

レースはバラバラとしたスタートの中から逃げの手に出たのはオルキスリアン。リエノテソーロは控えて2番手。その後にラインハート、オウケンビリーヴ、ラビットランと続きます。
向こう正面に入っても先頭を走り続けるオルキスリアン、他の馬はここで一斉に動き出します。
3角を回って、内からリエノテソーロ、オウケンビリーヴ、ラビットランの並びで逃げ馬を交わし、いざ直線勝負へ。
しかし3頭の順位は全くそのまま、結局リエノテソーロが1/2馬身差で凌ぎきって優勝しました。

優勝はリエノテソーロ
 180705 スパーキングレディーカップ-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第22回スパーキングレディーカップ 結果

レース後の検量室前
 

口取り
 180705 スパーキングレディーカップ-02 180705 スパーキングレディーカップ-03

勝利ジョッキーは吉田隼人騎手
 180705 スパーキングレディーカップ-04

 

表彰式
 180705 スパーキングレディーカップ-05

最後は恒例の記念撮影
 180705 スパーキングレディーカップ-06

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

※調教師インタビュー動画
 

尚、川崎競馬からはラーゴブルー、シュンプウ、マコトカンパネッロ、ドンナディヴィーノの4頭が参戦しました。

6着:ラーゴブルー
 180705 スパーキングレディーカップ-07 180705 スパーキングレディーカップ-08 180705 スパーキングレディーカップ-09

9着:シュンプウ
 180705 スパーキングレディーカップ-10 180705 スパーキングレディーカップ-11

10着:マコトカンパネッロ
 180705 スパーキングレディーカップ-12 180705 スパーキングレディーカップ-13 180705 スパーキングレディーカップ-14

12着:ドンナディヴィーノ
 180705 スパーキングレディーカップ-15 180705 スパーキングレディーカップ-16

今年のスパーキングレディーカップは昨年に記録した同競走の売得金額レコード(6億2,968万8,500円)を更新するとともに、同競走施行日における1日あたりの売得金レコードを更新しました。

 スパーキングレディーカップ競走の売得金レコードの更新について
 

関連記事
スポンサーサイト
HOME