FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成30年度第4回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2018-07-07-Sat-17:49
今開催は3鞍、計19頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、山崎誠士騎手騎乗のハーベストタイム [牝]。

レースはスタートした後の加速力で先頭に立ったハーベストタイムが、4馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム56秒1

 180706 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー 1R 結果

 ハーベストタイム [牝] 田島 寿一 厩舎

 父:プリサイスエンド 母:ビーキュート (母の父:マヤノトップガン)


7頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、矢野貴之騎手騎乗のゲイムスター[牡]。

レースはトワイライトスカイが逃げを打ちましたが、直線半ばを過ぎた所で抜け出したゲイムスターがそのまま2馬身差をつけてデビュー戦を制しました。
タイム56秒2

 180706 スパーキングデビュー-02

 スパーキングデビュー 2R 結果

 ゲイムスター[牡] 田島 寿一 厩舎

 父:リーチザクラウン 母:アニューズディ (母の父:トモエアレックス)


6頭立てで行われた3レース。 距離900m
勝利したのは、森泰斗騎手騎乗のサッポロシャイン[牝]。

レースはサッポロシャインとノーザントーストのマッチレースとなりましたが、サッポロシャインがノーザントーストを振り切り、6馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム55秒7

 180706 スパーキングデビュー-03

 スパーキングデビュー 3R 結果

 サッポロシャイン[牝] 田島 寿一 厩舎

 父:パドトロワ 母:シミター (母の父:パイロ)


この日行われた新馬戦は田島寿一厩舎の馬が3連勝。
V3のサインで笑顔の田島寿一調教師
 180706 スパーキングデビュー-04


また2Rの新馬戦では元川崎競馬所属のダービー馬:アンパサンド初年度産駒の1頭
アニマルケア(母:ビーボーン、母の父:テンビー)が、産駒のトップバッターとしてデビューしました。
結果は3着でしたが、父:アンパサンドも初勝利はデビュー3戦目。これからの成長が期待されます。

 180706 アニマルケア-01 180706 アニマルケア-02 180706 アニマルケア-03

2015年のアンパサンドと比べてみて、どうでしょう?似ていますでしょうか?
 アンパサンド
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME