FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成30年度第8回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2018-10-20-Sat-08:00
今開催は2鞍、12頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた1レース。 距離1400m
勝利したのは、今野忠成騎手騎乗のファイヤーアラーム [牝]。

レースは内からファイヤーアラームが先手を取ると、最後の直線に入ってからステッキ2発だけで5馬身をつけてデビュー戦を制しました。
タイム1分34秒3

 181019 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー 1R 結果

 ファイヤーアラーム  [牝] 山崎 尋美 厩舎

 父:アサクサキングス 母:ブッシュファイヤー (母の父:Louis Quatorze)


6頭立てで行われた2レース。 距離1400m
勝利したのは、西啓太騎手騎乗のストロングゾーン [牡]。

レースは先手を取ったストロングゾーンが、直線追い込んできたシントーミリアンの追撃を振り切って、1馬身をつけてデビュー戦を制しました。
タイム1分34秒2

 181019 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー 2R 結果

 ストロングゾーン  [牡] 山崎 裕也 厩舎

 父:ストロングリターン 母:タケルマヤ (母の父:マヤノトップガン)
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME