川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

エスプリフェザント引退

2008-06-25-Wed-13:18
デビューから二戦目にして2004年鎌倉記念を制する快挙を成したエスプリフェザントが引退しました。

 迫力ある馬体と非凡なスピードでファンを魅了しましたが、一方で骨瘤が出るなど脚元が弱く、休養を挟みながらの競走生活。
順調に仕上げるのが難しい馬でした。
2007年春から長期休養に入って10ヶ月には戦列復帰。
同時に武井栄一厩舎から久保秀男へ移籍。

「重賞ホースでもあり、託された以上再生させたいと手を尽くしたが大型馬だけに脚元への負担は大きくなった。差す競馬もできるはずだと最近では脚質転換を図ったが結果を出すのは厳しかったね」と久保秀男調教師。

 「雄大な馬格は乗馬に向きそう」と望まれ、エスプリフェザントは乗馬として第二の馬生を送ることになりました。生涯成績は23戦5勝。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME