FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

チャーチルダウンズ杯

2018-12-20-Thu-08:00
開催3日目の10レースには「チャーチルダウンズ杯」が行われました。
レースに先立ち8レース終了後に、チャーチルダウンズ関係者の方々がケンタッキーラウンジを視察されました。
過去に販売されたミントジュレップ容器、ピンバッジコレクションや、レストラン2MINUTESなど喜ばれていました。

 181219 チャーチルダウンズ関係者視察-01 181219 チャーチルダウンズ関係者視察-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

レースは後ろから2番目で追走していたワンフォーオールが2周目の向こう正面から進出を開始すると、最後の直線で馬場の真ん中を突き抜けて優勝しました。

優勝はワンフォーオール
 181219 チャーチルダウンズ杯-01

 チャーチルダウンズ杯 結果

勝利ジョッキーは森泰斗騎手
 181219 チャーチルダウンズ杯-02

森泰斗騎手コメント
 【おめでとうございます】ありがとうございます。
 この馬(ワンフォーオール)は道中、ちょっとでも動いてしまうと終い伸びなくなってしまうという事が今までの経験でわかっていたので、(道中は)じっとしているのみでした。
 この距離(2,100m戦)にしてはペースが流れていたと思うので、ちょっと追走に手間取った所もありましたが、血統も良い馬ですし、母馬のラヴェリータは川崎で良績をあげていたイメージがあったので今日川崎は初コースだったんですけれどいい結果が出て良かったです。
 (直線は、道中)溜めればキレる馬ですので(直線よく伸びてくれました)少し展開に乗じたという所はありますけれど勝ちは勝ちなので(良かったです)良血馬なのでまだまだ良くなる余地も残していると思います。

プレゼンターは、チャーチルダウンズインコーポレーションCEO:ウィリアム・カールスタンジェン様、チャーチルダウンズ競馬場社長:ビル・マッド様、同事務局長マイク・ジグラー様、日本駐在代理人:ケイト・ハンター様が務められました。

 181219 チャーチルダウンズ杯-03

最後は恒例の記念撮影
 181219 チャーチルダウンズ杯-04

関係者のみなさま、おめでとうございます。

チャーチルダウンズ競馬場の詳細については こちら をご覧下さい。
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME