FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

平成30年度第10回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2018-12-22-Sat-08:00
今開催は2鞍、1頭が出走取消となり計11頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

5頭立てで行われた1レース。 距離1400m
勝利したのは、矢野貴之騎手騎乗のリトミックグルーヴ [牝]。

レースは2番手につけたリトミックグルーヴが直線で先頭に立つと、後続を寄せつけずデビュー戦を制しました。
タイム1分34秒0

 181221 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 リトミックグルーヴ[牝] 内田 勝義 厩舎

 父:タートルボウル 母:グルーヴィクイーン (母の父:キングカメハメハ)


6頭立てで行われた2レース。 距離1400m
勝利したのは、今野忠成騎手騎乗のポンドグロウ [牡]。

レースはハナを奪ったポンドグロウがマイティーガールのマークを物ともせず、直線もよく伸びてデビュー戦を制しました。
タイム1分33秒7

 181221 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ポンドグロウ [牡] 山崎 裕也 厩舎

 父:トゥザグローリー 母:エリカオンヒル (母の父:Century City)
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME