川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

東京ダービー馬として

2008-07-09-Wed-13:29
54代東京ダービー馬に輝いたドリームスカイ。
直線は目の覚めるような末脚でしたね。
080709dreamsky.jpg


そして本日はジャパンダートダービー。
東京ダービー馬として中央の精鋭、全国のダービー馬たちを迎えることになりました。

ドリームスカイの調教も担当するのが樋口富男厩務員。
スカイを誰よりも理解している方と言っていいでしょう。

笠松競馬で騎手として15年、調教師として10年のキャリアの持ち主。
ロングニュートリノに騎乗し東海大賞典も制し「騎手としては玄人好みなタイプだったかなぁ。デビュー3年目からはベスト10を外れたことなかった」という腕達者でした。

川崎で厩務員として再出発してのは2004年6月ということですからまる4年にしてダービー馬と出会ったと言うことになります。

「まだまだ心身共に良くなっている途中の馬。ダービーの時に比べても力強さが出てきている」と強化された背中の感触をみずから感じているそうです。


関東オークス馬ユキチャンが除外になったことは残念ですが、ドリームスカイは全国からの強豪馬たちと共に3歳ダートチャンプ決定戦の舞台に挑みます。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME