FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

令和元年度第3回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2019-06-15-Sat-08:00
今開催は3鞍、計22頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

7頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のダンディーヴォーグ[牡]。

レースは最内枠からスタートで出負けしたものの二の脚の速さで先頭に立ったダンディーヴォーグが、4角を回って肩ムチ1つで鋭く反応。9馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム54秒8

 190614 スパーキングデビュー-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ダンディーヴォーグ[牡] 内田 勝義 厩舎

 父:ヴィットリオドーロ 母:ラッキーガール (母の父:サウスヴィグラス)


8頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、左海誠二騎手騎乗のコガラスマル[牡]。

レースは好スタートを決めたコガラスマルが併走していたカルキノスを直線で一気に引き離し、8馬身差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒3

 190614 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 コガラスマル[牡] 高月 賢一 厩舎

 父:クロフネ 母:フェイズシフト (母の父:サクラバクシンオー)


7頭立てで行われた3レース。 距離900m
勝利したのは、櫻井光輔騎手騎乗のゴールデンオパール[牡]。

レースはサンレノックスが一旦先頭に立ちましたが、内から押してゴールデンオパールがハナへ。直線鋭く追い込んできたシナノビクターの追撃を1馬身1/2差凌ぎきってデビュー戦を制しました。
タイム56秒2

 190614 スパーキングデビュー-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ゴールデンオパール[牡] 岩本 洋 厩舎

 父:ノーザンリバー 母:アップルトウショウ (母の父:アンバーシヤダイ)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME