FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

令和元年度第6回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2019-08-07-Wed-08:00
今開催は2鞍、1頭が競走除外となり計15頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介致します。

6頭立てで行われた4レース。 距離900m
勝利したのは、藤本現暉騎手騎乗のワタリフレーム [牝]。

レースは好スタートからハナを奪うとそのまま1馬身1/2差をつけデビュー戦を制しました。
タイム55秒4

 190806 スパーキングデビュー-01 優勝はワタリフレーム
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ワタリフレーム[牝] 佐々木 仁 厩舎

 父:トゥザワールド 母:ラヴソースウィート (母の父:スペシャルウィーク)


9頭立てで行われた5レース。 距離900m
勝利したのは、赤岡修次騎手騎乗のミナミン[牝]。

レースは逃げを打ったミナミンが3角で気の悪い所も見せましたが、直線再度伸びて1馬身1/2差をつけデビュー戦を制しました。
タイム54秒8

 190806 スパーキングデビュー-02 優勝はミナミン
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ミナミン[牝] 内田 勝義 厩舎

 父:スピルバーグ 母:オルターネイティヴ (母の父:タイキシャトル)
 
 
関連記事
スポンサーサイト
HOME