FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第16回スパーキングサマーカップ(SIII) トキノパイレーツが初重賞制覇

2019-08-23-Fri-08:10
開催2日目の11レースは第16回スパーキングサマーカップ(SIII)
今年は高知所属馬1頭が参戦し、14頭立てで行われました。
1着馬には日本テレビ盃(JpnII)への優先出走権が与えられます。

道中は内ラチ沿いの4番手でレースを進めたトキノパイレーツが3角を回った所で町田直希騎手が1つ気合を入れるとするすると進出を開始。4角で逃げ馬を射程に捕らえると直線であっさりと突き放し1馬身1/2差をつけて完勝。
重賞初タイトルを手にするとともに、日本テレビ盃への優先出走権を獲得しました。

優勝はトキノパイレーツ(八木正喜厩舎)
 190822 スパーキングサマーカップ-01 優勝はトキノパイレーツ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 第16回スパーキングサマーカップ 結果

レース後の検量所前
 

口取り
 190822 スパーキングサマーカップ-02 190822 スパーキングサマーカップ-03

勝利ジョッキーは町田直希騎手(馬主服着用)
 190822 スパーキングサマーカップ-04

 

表彰式
 190822 スパーキングサマーカップ-05

八木正喜調教師、坂下光弘厩務員
 190822 スパーキングサマーカップ-06 190822 スパーキングサマーカップ-07

最後は恒例の記念撮影
 190822 スパーキングサマーカップ-08

関係者のみなさま、おめでとうございます。

※騎手インタビュー動画
 

※調教師インタビュー動画
 

尚、川崎競馬からはトキノパイレーツ、ザイディックメア、ラーゴブルー、トキノエクセレントの4頭が参戦しました。

優勝:トキノパイレーツ
 190822 スパーキングサマーカップ-09 190822 スパーキングサマーカップ-10

6着:ザイディックメア
 190822 スパーキングサマーカップ-11 190822 スパーキングサマーカップ-12

7着:ラーゴブルー
 190822 スパーキングサマーカップ-13 190822 スパーキングサマーカップ-14 190822 スパーキングサマーカップ-15

12着:トキノエクセレント
 190822 スパーキングサマーカップ-16 190822 スパーキングサマーカップ-17

今年のスパーキングサマーカップは平成30年に記録した同競走の売得金額レコード(3億4,049万4,900円)を更新しました。

 スパーキングサマーカップ競走の売得金レコードの更新について
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME