FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2007年東京ダービー馬アンパサンドが種牡馬を引退し乗馬に転向

2019-09-28-Sat-19:14
現役引退後、功労馬から種牡馬となったアンパサンドについては
 目標は父子2代東京ダービー馬の輩出 アンパサンドの近況
でお伝えしましたが、昨秋に種牡馬を引退。
11月にモモセライディングファーム(札幌市清田区)へ移動し乗用馬となりました。

訪問した時は、他の馬達と放牧されていたアンパサンド
 190920 アンパサンド-01 190920 アンパサンド-02
 ※画像をクリックすると大きくなります。

モモセライディングファームの百瀬さんによると
「一時期、脚を痛めていた事もありますが今はすっかりと良くなりました。もう15歳ですし、競技乗馬ではなく、馬とふれあって頂ける体験乗馬の仕事をしながら、他の高齢馬達と共にゆったりと過ぎしてもらおうと思ってます。」
 190920 アンパサンド-03 190920 アンパサンド-04 190920 アンパサンド-05

顔の所々に白い毛が混じってきているのが分かります。
 190920 アンパサンド-06

同じ放牧地には、メジロラモーヌ産駒のメジロラスタバン(写真右)など4頭が一緒に放牧されていました。
 190920 メジロラスタバン-01

90頭を超える馬が繋養されているモモセライディングファームでは、2010年の報知オールスターカップで2着となったグランシュヴァリエ(写真)や、2008年京浜盃馬ディラクエも暮らしています。
 190920 グランシュヴァリエ-01

皆に愛され、長生きして欲しいですね。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME