川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

ニューイヤーカップに川崎から4頭出走

2009-01-14-Wed-12:00
報知オールスターカップ、船橋記念と2009年始まってからの重賞を独り占めにしている川崎競馬。
本日の浦和競馬ニューイヤーカップには4頭が出走。


1枠1番の絶好枠を引いたヴァルダマーナ。
「この馬のスピードを生かすには最高の枠に入った。行き切ってしまいたいね」と池田孝調教師。


3枠3番クラフィンライデン。
「前走では逃げにこだわらないことがわかったね。牡馬相手だし初めての左回りがどうなるかだけど、調教で最初の頃見せた左回りだと外にふくれてしまう面も解消しているのでそう心配はなさそう」と池田節男厩務員。


6枠6番サイレントスタメン。
「ソエが固まってから馬はどんどん良くなっている。若馬にありがちな緩みがとれてきた感じ。前が速くなる展開になってくれるのが理想だね。前回浦和を使ったときは3、4コーナーで出られなくなり不完全燃焼だったから今回は終いの切れ脚を生かしたい」と坂野真佐樹厩務員。
金子ジョッキーも「この馬は競馬が上手い」と絶賛しているそうです。


8枠11番モエレエターナル。
転入戦の全日本2歳優駿では全国の強豪相手に5着に健闘。
しかも後方待機策。
「無理に行かせなくてもレースができた。あれだけ揉まれたことで馬自身も幅を広げている。当初は賞金的に使えるか微妙で自己条件へいくことも考えたが、力的には遜色ないからね」と池田孝調教師。
東京2歳優駿へもエントリーしていて賞金的に出走が叶わなかった経緯があるだけにここはスカッといきたいですね。


レース発走まであと数時間と迫りましたが、それぞれチャンスがある馬だけにドキドキ☆しますね~


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME