FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

令和2年度第3回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2020-06-13-Sat-08:00
今開催は3鞍、17頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。勝ち馬をご紹介いたします。


6頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、繁田健一騎手騎乗のヴァヴィロフ[牡]。

レースは好スタートからハナを取りきったヴァヴィロフが後続に影を踏ませる事なく、1馬身1/2差をつけてデビュー戦を制しました。
タイム55秒4

優勝はヴァヴィロフ
 200612 スパーキングデビュー-01 優勝はヴァヴィロフ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 ヴァヴィロフ[牡/牝] 高月 賢一 厩舎

 父:トゥザワールド 母:ローズドサハラ (母の父:フォーティナイナー)


5頭立てで行われた2レース。 距離900m
勝利したのは、伊藤裕人騎手騎乗のデルソーレ[牡]。

レースは、スタートは今1つで4番手からになったデルソーレでしたが、エンジンがかかってからぐんぐんと前との差を詰めていき、逃げ馬をクビ差差し切った所がゴールでした。
タイム55秒7

優勝はデルソーレ
 200612 スパーキングデビュー-02 優勝はデルソーレ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 デルソーレ[牡] 加藤 誠一 厩舎

 父:グロリアスノア 母:ルーチェデルソーレ (母の父:メイショウボーラー)


6頭立てで行われた3レース。 距離900m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のアークヴィータス[牝]。

レースは好スタートからの好ダッシュでハナをきったアークヴィータスが、残り200mで併走馬を振りきると最後3馬身差をつけて完勝しました。
タイム55秒3

優勝はアークヴィータス
 200612 スパーキングデビュー-03 優勝はアークヴィータス
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 アークヴィータス[牝] 平田 正一 厩舎

 父:サウスヴィグラス 母:ピオニエトウショウ (母の父:デュランダル)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME