FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

令和2年度第4回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2020-07-18-Sat-08:00
今開催は4日目に2鞍、5日目に2鞍の計4鞍、23頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。
勝ち馬をご紹介いたします。


6頭立てで行われた開催4日目の3レース。 距離1,400m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のモンゲーハガネ[牡]。

レースはダッシュ良くハナにたったモンゲーハガネ馬なりで3角からペースアップ。直線で軽くムチを1回入れただけで最後は2着を2秒1引き離しす大差勝ちでデビュー戦を制しました。
タイム1分33秒1

優勝はモンゲーハガネ
 200716 スパーキングデビュー-01 優勝はモンゲーハガネ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 スパーキングデビュー  結果

 モンゲーハガネ[牡] 鈴木 義久 厩舎

 父:フリオーソ 母:ヤマノシンデレラ (母の父:タイキシャトル)


8頭立てで行われた開催4日目の4レース。 距離1,400m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のワールドサミット[牡]。

レースはアークリオーソの出方を伺っていたワールドサミットがコーナーワークで先頭に立つと、3角過ぎに一気に引き離とそのままセーフティリードを保ったまま4馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム1分32秒3

優勝はワールドサミット
 200716 スパーキングデビュー-02 優勝はワールドサミット

 スパーキングデビュー  結果

 ワールドサミット[牡] 田島 寿一 厩舎

 父:ワールドエース 母:タニノピカンテ (母の父:カーネギー)


5頭立てで行われた開催5日目の3レース。 距離900m
勝利したのは、森泰斗騎手騎乗のサンエイウルフ[牡]。

レースはロケットスタートを決めたサンエイウルフが追いすがるピースフラッグを振りきり3/4馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム54秒7

優勝はサンエイウルフ
 200717 スパーキングデビュー-01 優勝はサンエイウルフ

 スパーキングデビュー  結果

 サンエイウルフ[牡] 高月 賢一 厩舎

 父:ホッコータルマエ 母:ブリッジポート (母の父:ロージズインメイ)


1頭が競走除外となり4頭立てで行われた開催5日目の4レース。 距離900m
勝利したのは、笹川翼騎手騎乗のティーケーメイト[牝]。

レースはスピードが乗ってから先頭に立ったティーケーメイトがそのまま押し切る形で、1馬身1/2差をつけデビュー戦を制しました。
タイム56秒0

優勝はティーケーメイト
 200717 スパーキングデビュー-02 優勝はティーケーメイト

 スパーキングデビュー  結果

 ティーケーメイト[牝] 八木 仁 厩舎

 父:ホッコータルマエ 母:ティーケーニケ (母の父:ジェニュイン)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME