川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

感慨深い川崎記念

2009-01-28-Wed-12:04
いよいよ川崎記念です。

川崎記念はかつては「開設記念」というレース名で実施されていた川崎競馬場開設を記念した歴史ある一戦。
その第一回は昭和26年。
小笠原円之介ジョッキーが騎乗するエゾテツザンが逃げ切り勝ちをおさめました。
当時は3000mでおこなわれていました。


そして今年は第58回。
全国からダート巧者がやってきますが、南関東勢はといえば当初のエントリー馬が続々回避。
川崎からはジルハーとクラシックムードの2頭が一線級に挑みます。

1月19日になって回避が決定したアンパサンド。
報知オールスターカップを快勝して完全復活をアピール。
川崎記念からフェブラリーステークスへという青写真を描いていただけに残念ですが、

「順調に来ていたと思ったら直前になって体調を崩してしまった。古傷や脚元がどうということではないので、今は無理せず先々のことを考えたい」
と池田孝調教師。

すべてのプランはいったん白紙になってしまいましたが、強いアンパサンドの雄姿を再び見ることができるのはそう遠くないようです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME