FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2020川崎ジョッキーズカップ第6戦 優勝は増田充宏騎手

2020-10-17-Sat-08:20
開催6日目の11レースには、川崎ジョッキーズカップ第6戦が行われました。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-02

レースタイトル
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-03

レース1周目直線、すべて川崎ジョッキーズ
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-04

1周目ゴール前 逃げを打ったのは増田充宏騎手(オビワンズドーン)
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-05

外枠から増田充宏騎手(オビワンズドーン)が積極的にハナを取りに行き、隊列は縦長。2角でペースが落ちると後続が一気に動き出します。3角では早くも山崎誠士騎手(エスプリマーリン)、酒井忍騎手(サンベリーニ)、田中涼騎手(タカラチーター)が並んで先頭に立ちますが、増田充宏騎手が馬を激励すると再加速。直線で外へ持ち出し一歩一歩前との差を詰め、最後は酒井忍騎手との叩き合いを制して増田充宏騎手が今年度2度目の川崎ジョッキーズカップ優勝を飾りました。
尚、この勝利は管理する八木仁調教師の記念すべき700勝となりました。

優勝は増田充宏騎手(オビワンズドーン、八木仁厩舎)
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-06

 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦 結果

口取り
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-07

無観客開催のため表彰式は行われませんでしたが、カツマルくんボードの前で優勝トロフィーを手に記念撮影。
 201016 2020川崎ジョッキーズカップ第6戦-08

増田充宏騎手、おめでとうございます。


川崎ジョッキーズカップ第6戦終了時点の暫定順位は
1位:田中涼騎手72ポイント
2位:増田充宏騎手62ポイント
3位:藤江渉騎手61ポイント
4位:伊藤裕人騎手、古岡勇樹騎手57ポイント
となりました。

今年度からシリーズ化された川崎ジョッキーズカップのポイントや順位の詳細につきましては特設ページ(随時更新予定)をご覧ください。

 2020川崎ジョッキーズカップシリーズについて


次回の川崎競馬は
11月9日(月)~13日(金)、5日間のスパーキングナイター開催で行われます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME