FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

福島秀夫調教師が11月30日付で引退

2020-11-30-Mon-15:11
福島秀夫調教師が11月30日付で引退することが川崎競馬公式サイトで発表されました。

福島秀夫調教師-01
※画像をクリックすると大きくなります。

福島秀夫調教師

生年月日 1964年(昭和39年)6月23日
初出走  2007年(平成19年)1月3日 セイントハニー
初勝利  2007年(平成19年)1月5日 ヤマノイージス
生涯成績 921戦 38勝

福島秀夫調教師-02

あの名牝ロジータを手がけた福島幸三郎調教師の次男として生まれ、ロジータの活躍をきっかけに旅行会社勤務から馬の世界へと転身。
厩務員から調教師へと父の背中を追いかけてきました。



最終出走は11月13日の第5R「グレイスタイザン賞」でのマコトテラメエリタ(本田紀忠騎手、8着)となりました。
福島秀夫調教師-03 福島秀夫調教師-04


「父と兄が亡くなり、埼玉でひとりで暮らす母の介護をしなければならなくなりました。ずいぶん悩みましたが、両立は難しく、馬の仕事から離れることにしました」と福島調教師は苦渋の決断。

厩務員として17年、調教師として14年。
本当におつかれさまでした!

福島秀夫調教師-05
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME