FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2020川崎ジョッキーズカップファイナル 古岡勇樹騎手が最終戦も制して初代年間チャンピオンに

2020-12-20-Sun-08:10
開催5日目の10レースには、「2020川崎ジョッキーズカップファイナル」が行われました。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

ファイナルに進出した上位14名(馬番順)
※山林堂信彦騎手は負傷のため、岡村裕基騎手に乗り替わり※
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-02 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-03 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-04

 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-05 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-06 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-07

 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-08 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-09 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-10

 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-11 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-12 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-13

 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-14 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-15

トナカイの衣装で先導した誘導馬
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-16

レースタイトル
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-17

レース1周目直線、すべて川崎ジョッキーズ
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-18

1周目ゴール前 逃げを打ったのは増田充宏騎手(オビワンズドーン)
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-19

2020川崎ジョッキーズカップ第6戦を優勝したコンビ増田充宏騎手&オビワンズドーンが今回も逃げの手に出て隊列を引っ張りますが、道中後方にいた古岡勇樹騎手が向こう正面半ばから一気に仕掛けていくと1頭また1頭と交わしていき、ゴールまでしっかりと長い脚を使って突き抜けました。

優勝は古岡勇樹騎手(サンベリーニ、原三男厩舎)
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-20

 2020川崎ジョッキーズカップファイナル 結果

記念の口取り
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-21

今開催はコロナウィルス感染拡大防止の観点から表彰式は行われず、ウィナーズサークルにて年間チャンピオン騎手のインタビューのみが行われました。

初代年間チャンピオンは古岡勇樹騎手
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-22 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-23

 

記念撮影
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-24
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-25

所属先の岩本洋調教師と喜びの2ショット
 201218 2020川崎ジョッキーズカップファイナル-26

古岡勇樹騎手、おめでとうございます。


尚、川崎ジョッキーズカップファイナルが終了し、総合順位は下記の通りとなりました。
1位:古岡勇樹騎手117ポイント
2位:増田充宏騎手 84ポイント
3位:田中涼騎手84ポイント
4位:藤江渉騎手73ポイント
5位:伊藤裕人騎手66ポイント
6位:今野忠成騎手62ポイント
7位:町田直希騎手59ポイント
8位:酒井忍騎手57ポイント
9位:山林堂信彦騎手47ポイント
10位:櫻井光輔騎手43ポイント
11位:阪上忠匡騎手41ポイント
12位:中越琉世騎手30ポイント
13位:山崎誠士騎手26ポイント
14位:本田紀忠騎手22ポイント
15位:拜原靖之騎手18ポイント
16位:岡村裕基騎手18ポイント


今年度からシリーズ化された川崎ジョッキーズカップのポイントや順位の詳細につきましては特設ページ(随時更新予定)をご覧ください。

 2020川崎ジョッキーズカップシリーズについて
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME