FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

42thホワイトクリスマス賞 優勝はビクトリーシューズ

2020-12-20-Sun-08:20
2020年川崎競馬開催最終日の最終レースは芦毛・白毛馬限定競走の「ホワイトクリスマス賞」。

1980年(昭和55年)に第1回が行われ、今年で42回目となります。
今年は、芦毛馬14頭によって行われました。

パドックを周回する全14頭の芦毛馬たち。
 201218 ホワイトクリスマス賞-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

今年出走した14頭
 201218 ホワイトクリスマス賞-02 201218 ホワイトクリスマス賞-03 201218 ホワイトクリスマス賞-04

 201218 ホワイトクリスマス賞-05 201218 ホワイトクリスマス賞-06 201218 ホワイトクリスマス賞-07

 201218 ホワイトクリスマス賞-08 201218 ホワイトクリスマス賞-09 201218 ホワイトクリスマス賞-10

 201218 ホワイトクリスマス賞-11 201218 ホワイトクリスマス賞-12 201218 ホワイトクリスマス賞-13

 201218 ホワイトクリスマス賞-14 201218 ホワイトクリスマス賞-15

誘導馬3頭も芦毛で馬場には計17頭の芦毛が勢ぞろい
 201218 ホワイトクリスマス賞-16 201218 ホワイトクリスマス賞-17

レースタイトル
 201218 ホワイトクリスマス賞-18

1周目の直線 カクテル光線に映える芦毛馬たち
 201218 ホワイトクリスマス賞-19

逃げを打ったのはシュゼット
 201218 ホワイトクリスマス賞-20

レースは内側の馬の出方を伺いつつシュゼットがハナを主張。向こう正面で再度ペースアップを計りますが、中段に控えていた断然の1番人気:ビクトリーシューズが何なく差を詰めていき4角で並びかけると後は独壇場。見る見る後続との差を広げ最後は5馬身差をつけて圧勝しました。

優勝はビクトリーシューズ(佐藤博紀厩舎)
 201218 ホワイトクリスマス賞-21

 42thホワイトクリスマス賞 結果

激しい2着争いは灰色の芦毛と白い芦毛が横一線
 201218 ホワイトクリスマス賞-22

ゴールを過ぎた後の芦毛の一団
 201218 ホワイトクリスマス賞-23

記念の口取り
 201218 ホワイトクリスマス賞-24

関係者のみなさま、おめでとうございます。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME