FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2020年川崎競馬リーディング

2020-12-31-Thu-08:20
2020年の川崎競馬は12月18日で終了。
川崎競馬場リーディングは以下の通りとなりました。

【調教師】

 高月賢一調教師
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎競馬のリーディングトレーナーに輝いたのは高月賢一調教師。
5年連続となります。インペリシャブルが黒潮盃、グリーンロードがニューイヤーカップ、ヴァケーションが秋の鞍(名古屋)を制しました。

■高月賢一調教師コメント

5年連続川崎リーディングは素直に嬉しいです。
来年は重賞競走でより多く勝利を挙げる事と6年連続川崎リーディングを目標に厩舎、スタッフ一同頑張っていきたいと思いますので応援の程、よろしくお願いします。

 第1位  高月賢一     427戦 64勝
 第2位  内田勝義     394戦 61勝
 第3位  山崎尋美     418戦 38勝
 第4位  鈴木義久     328戦 38勝
 第5位  佐藤博紀     265戦 29勝
 第6位  佐々木仁     286戦 28勝
 第7位  林隆之       205戦 28勝
 第8位  田邊陽一     242戦 27勝
 第9位 平田正一     267戦 21勝
 第10位 小久保智(浦和) 156戦 21勝


【騎手】

 山崎誠士騎手

川崎競馬騎手リーディングの第1位は船橋の森泰斗騎手ですが、地元川崎所属でのトップは山崎誠士騎手。
昨年の東京ダービーに続き、今年は羽田盃を制すなど重賞3勝。全て3歳馬で今後古馬との対戦も楽しみです。

■山崎誠士騎手のコメント

1年間怪我をする事もなく、体調でも大きな波はなく良いリズムで過ごせました。
来年は(他場の騎手を含めての)川崎リーディングを目指して頑張りたいと思います。
今年勝った重賞騎乗馬の中では、競馬も組み立てられるし折り合いもつくので乗りやすいゴールドホイヤー(岩本洋厩舎)、2歳馬では父:山崎尋美調教師が管理するピースフラッグが折り合いがつくようになればと期待しています。

 第1位  森泰斗(船橋)   370戦 94勝
 第2位  山崎誠士      421戦 72勝
 第3位  町田直希      452戦 49勝
 第4位  矢野貴之(大井) 288戦 35勝
 第5位  笹川翼(大井)  305戦 32勝
 第6位  本田正重(船橋) 208戦 30勝
 第7位  酒井忍       291戦 27勝
 第8位  伊藤裕人     369戦 24勝
 第9位  櫻井光輔     331戦 23勝
 第10位 今野忠成     230戦 20勝
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME