FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

令和3年度第6回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2021-08-31-Tue-08:00
今開催は3鞍、22頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」。
勝ち馬をご紹介します。


開催3日目、9頭立てで行われた2レース。 距離1,400m
勝利したのは、森泰斗騎手騎乗のレディオガガ[牝]。

内枠からハナを取りきったレディオガガが淡々とレースを進め、直線で追い出されるとあっさりと後続を突き放し5馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム1分31秒6

優勝はレディオガガ
 210830 スパーキングデビュー-01 優勝はレディオガガ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 210830 スパーキングデビュー-02 優勝はレディオガガ 210830 スパーキングデビュー-03 優勝はレディオガガ

 スパーキングデビュー 結果

 レディオガガ[牝] 高月 賢一 厩舎

 父:フリオーソ 母:サトノガガ (母の父:ダイワメジャー)


6頭立てで行われた3レース。 距離900m
勝利したのは、町田直希騎手騎乗のアイノジヴェルニー[牝]。

逃げ馬の外側を併走していたアイノジヴェルニーが直線に入り気合を入れられるとキッチリと伸びを見せて、6馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム55秒0

優勝はアイノジヴェルニー
 210830 スパーキングデビュー-04 優勝はアイノジヴェルニー

 210830 スパーキングデビュー-05 優勝はアイノジヴェルニー 210830 スパーキングデビュー-06 優勝はアイノジヴェルニー

 スパーキングデビュー 結果

 アイノジヴェルニー[牝] 内田 勝義 厩舎

 父:ジョーカプチーノ 母:エコパン (母の父:ツルマルボーイ)


7頭立てで行われた4レース。 距離900m
勝利したのは、櫻井光輔騎手騎乗のサツキスカイ[牝]。

ダッシュ良くハナを奪ったサツキスカイが、所々に幼さを見せながらも終いまで他馬を寄せつけず、4馬身差でデビュー戦を制しました。
タイム56秒5

優勝はサツキスカイ
 210830 スパーキングデビュー-07 優勝はサツキスカイ

 210830 スパーキングデビュー-08 優勝はサツキスカイ 210830 スパーキングデビュー-09 優勝はサツキスカイ

 スパーキングデビュー 結果

 サツキスカイ[牝] 山崎 裕也 厩舎

 父:ディープスカイ 母:アイランドリリー (母の父:タイムパラドックス)
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME