FC2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

2021川崎ジョッキーズカップ第7戦 優勝は山林堂信彦騎手

2021-09-01-Wed-08:20
開催4日目の最終レースには、「川崎ジョッキーズカップ第7戦」が行われました。

パドックに整列した川崎ジョッキーズ
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-01
 ※画像をクリックすると大きくなります。

川崎ジョッキーズ勝負服柄の襷をかけて誘導を行ったチーム誘導馬
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-02

レースタイトル
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-03

レース1周目直線、すべて川崎ジョッキーズ
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-04

1周目ゴール前 逃げを打ったのは山林堂信彦騎手(エリートバイオ)
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-05

好スタートから積極的にハナを取りきった山林堂信彦騎手(エリートバイオ)が競りかける本田紀忠騎手(シンキングポケット)をコーナーワークで引き離すと、快調に逃げてそのまま最後の直線へ。
後方から伊藤裕人騎手(デルマダイヤモンド)、町田直希騎手(コンステレーション)が追い込んでくるも時既に遅し。1馬身1/2差で山林堂信彦騎手がまんまと逃げ切り勝ちを収めました。

優勝は山林堂信彦騎手(エリートバイオ、山崎尋美厩舎)
※2021シーズンは初、通算3回目の川崎ジョッキーズカップ制覇※
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-06

 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-07

 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦 結果

熾烈な2着争いは、外側の伊藤裕人騎手(デルマダイヤモンド)に軍配が上がりました。
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-08


無観客開催のため表彰式は行われませんでしたが、カツマルくんボードの前で優勝トロフィーを手に記念撮影。
 210831 2021川崎ジョッキーズカップ第7戦-09

山林堂信彦騎手、おめでとうございます。


尚、川崎ジョッキーズカップ第7戦終了時点の順位は下記の通りとなりました。
1位:酒井    忍騎手77ポイント
2位:町田  直希騎手76ポイント
3位:櫻井  光輔騎手68ポイント
4位:山崎  誠士騎手65ポイント
5位:今野  忠成騎手61ポイント
6位:古岡  勇樹騎手60ポイント
7位:藤江    渉騎手51ポイント
   増田  充宏騎手51ポイント
9位:伊藤  裕人騎手47ポイント
10位:山林堂信彦騎手42ポイント
11位:田中   涼騎手38ポイント
    岡村  裕基騎手38ポイント
13位:拜原  靖之騎手35ポイント
14位:神尾  香澄騎手28ポイント
15位:中越  琉世騎手16ポイント
16位:池谷  匠翔騎手12ポイント
17位:阪上  忠匤騎手11ポイント
18位:本田  紀忠騎手6ポイント
となりました。

今年から正月開催を除く毎開催で実施、12月の最終戦までシリーズ化された川崎ジョッキーズカップのポイントや順位の詳細につきましては特設ページ(随時更新予定)をご覧ください。

 2021川崎ジョッキーズカップシリーズについて
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME