fc2ブログ

川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

令和5年度第10回開催 スパーキングデビュー 勝ち馬のご紹介

2023-12-16-Sat-08:00
今開催は3鞍、19頭がデビューした新馬戦の「スパーキングデビュー」勝ち馬をご紹介致します。

開催5日目、7頭立てで行われた1レース。 距離900m
勝利したのは、山崎誠士騎手騎乗のトマチョップムスメ[牝]。

前を主張する馬を行かせて好位に控えていたトマチョップムスメが直線でステッキが入ると良い反応を見せ、2馬身差で差し切り勝ちを収めました。
タイム57秒6

優勝はトマチョップムスメ
 231215 スパーキングデビュー-01 優勝はトマチョップムスメ
 ※画像をクリックすると大きくなります。

 231215 スパーキングデビュー-02 優勝はトマチョップムスメ 231215 スパーキングデビュー-03 優勝はトマチョップムスメ

 スパーキングデビュー 結果

 トマチョップムスメ[牝] 山崎 裕也 厩舎

 父:ホッコータルマエ 母:トマチョップガール (母の父:アピールポイント)
 生産:高澤正幸


7頭立てで行われた2レース。 距離1,400m
勝利したのは、矢野貴之騎手騎乗のライゴウ[牡]。

馬なりで追走していたライゴウが直線で内を突くと鋭く伸びて、2馬身半差をつけてデビュー戦を制しました。
タイム1分35秒3

優勝はライゴウ
 231215 スパーキングデビュー-04 優勝はライゴウ

 231215 スパーキングデビュー-05 優勝はライゴウ 231215 スパーキングデビュー-06 優勝はライゴウ

 スパーキングデビュー 結果

 ライゴウ[牡] 加藤 誠一 厩舎

 父:バトルプラン 母:ギンザクイーンビー (母の父:フレンチデピュティ)
 生産:福岡駿弥


5頭立てで行われた3レース。 距離1,400m
勝利したのは、矢野貴之騎手騎乗のアイルプロテクト[牡]。

無理なくハナを取り切ったアイルプロテクトが直線で追い出されると差を広げる一方。2秒4の大差で圧勝しました。
タイム1分34秒2

優勝はアイルプロテクト
 231215 スパーキングデビュー-07 優勝はアイルプロテクト

 231215 スパーキングデビュー-08 優勝はアイルプロテクト 231215 スパーキングデビュー-09 優勝はアイルプロテクト

 スパーキングデビュー 結果

 アイルプロテクト[牡] 高月 賢一 厩舎

 父:エスポワールシチー 母:ユーアーマイン (母の父:ディープインパクト)
 生産:飯岡牧場
 
同レースでは、アイドルマスターのP様界隈で話題のミリオンライブもデビューし3着でした。
 231215 スパーキングデビュー-10 ミリオンライブ 231215 スパーキングデビュー-11 ミリオンライブ
 
 
関連記事
スポンサーサイト



HOME