川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

馬場見せ~京浜盃に向けて~

2007-03-23-Fri-15:49
クラシックの前哨戦となる京浜盃の登録馬が発表になっています。

川崎からはアンパサンド、イチモンジ、コウノピロニール、ザマローレル、ドンテーラー、ロイヤルボスが出走予定です。

17日にはザマローレルが、21日にはアンパサンドが、そして明日にはロイヤルボスがレースの舞台となる大井競馬場へ運んで調整します。
(馬場見せと言います)

いよいよ明日は各々に本追い切りが行われますが、「わざわざ馬場見せをした!」となると本番に向けた並ならぬ意気込みが伝わってきますね。


ステップレースである雲取賞の勝ち馬ザマローレルは17日に大井で中間追いを敢行。
レースでは石崎駿騎手が騎乗予定ですが、この日の鞍上は山崎誠士騎手。
「時計は馬なりで77-64-50.5-37.5くらい。動きも良かったし、タイムはこれならかなり速いんじゃないかな。ホント予定通りに来すぎているくらい」と岩本調教師。
明日には小向で最終追い切り(山崎誠士騎手騎乗予定)が行われますがコメントからも順調度がうかがい知れます。


アンパサンドは8日に続いて21日も大井での調整。
ニューイヤーカップ(3着)後には短期放牧に出されていましたが2月23日に帰厩。以来毎週のようにバリバリ追われて心身共に逞しさを増しています。
21日の大井ではレースで騎乗する内田騎手を背に単走。
半マイルでは49秒という出色タイムで抜群の動きを披露しました。
実質この日が本追い切り。明日は小向馬場にて馬なりで最終調整を行う予定です。


全日本2歳優駿(7着)以来になるロイヤルボスは明日朝に大井で本追い切り。
気になる仕上がり具合と追い切りの様子は明日またリポートしますね。
レースでは加藤和博騎手が騎乗予定だそうです。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME