川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

福島幸三郎調教師が今月いっぱいで引退

2011-06-17-Fri-12:42
110617fukushimaintai.jpg

6月30日をもって福島幸三郎調教師が引退することになりました。
79歳という高齢でもあり、このところ体調を崩すことが多くなったと言います。

埼玉県出身で、かつて埼玉にあった本庄競馬場の高月金五郎調教師(高月賢一調教師の祖父)に弟子入りしましたが、「身体が小さく騎手を目指したんだがあっという間に60キロまで大きくなってしまって」と断念して厩務員となり、昭和35年には川崎へ。
昭和46年に調教師補佐、49年からは調教師として、三冠馬となったあの稀代の女傑ロジータ(ニューイヤーC、京浜盃、桜花賞、羽田盃、東京ダービー、東京王冠賞、東京大賞典、川崎記念)を育て上げたほか、ハヤノランサーでブルーバードC、テーケーレディーで東京2歳優駿牝馬を制しています。

競馬と共に歩んできた63年間。
今回が最後の地元開催になります。

本当にお疲れさまでした。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME