川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

田村豫志雄(よしお)調教師が引退

2011-08-02-Tue-01:11
田村豫志雄(よしお)調教師が、7月31日付で引退となりました。

田村調教師は昭和33年に騎手デビュー。
障害レースの騎手としても活躍しましたが、1975年にカネショウボーイで川崎1500mのレコード(1分33秒6)を樹立したことで有名ですね。
この記録は、2002年にハッピーアデルが更新(1分33秒0)するまで、長らく破られませんでした。

昭和53年に騎手を引退し、昭和54年に厩舎を開業した田村調教師。以来、73歳の今日まで川崎競馬を支えてきました。
また、2007年1月には、「平成18年南関東功労調教師」として表彰されています。

通算成績は4097戦226勝。重賞勝ちは下記の通りです。

1996年10月8日 川崎・第25回戸塚記念(南関東G3) ハネダリーディング

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME