川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第12回JBCスプリント(JpnⅠ)

2012-11-07-Wed-01:01
6年前、川崎競馬場で「JBCマイル」として1600mで行なわれたJBCスプリント。今回は、「JBCスプリント」として1400mで実施されました。

 JRA5頭、地方競馬6頭の計11頭で行なわれた今年のJBCスプリント。レースは、先手を奪ったJRAのタイセイレジェンドが主導権を奪うと、そのまま後続を完封。2着のセイクリムズンに3馬身差をつけて優勝し、東京盃2着の雪辱を果たしました。

  20121105 JBCSP 1 20121105 JBCSP 2 第12回JBCスプリント(JpnⅠ) 結果

 勝ちタイムの1分26秒6は、2010年5月にチョウサンペガサスが記録した1分26秒8をコンマ2秒更新するレコードタイム。タイセイレジェンドは、自身の優勝に華を添えるレコードタイムでの優勝となりました。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  20121105 JBCSP 3 20121105 JBCSP 4 20121105 JBCSP 7

  20121105 JBCSP 5 表彰式では、南関東に凱旋となった内田博幸騎手が手を振ってファンの声援に応えました。

  20121105 JBCSP 6 JBC3競走のプレゼンターを務めたのは、イメージキャラクターの磯山さやかさん。

  
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME