川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第62回川崎記念(JpnⅠ)

2013-02-02-Sat-03:02
今年で62回目を迎えた川崎記念。JRA5頭、南関東3頭、他地区3頭の計11頭が出走して行なわれました。

 タカオノボルがハナを切ってレースを引っ張りましたが、2周目の向正面で物見をしてバランスを崩すというアクシデントが発生。レースは、3番手でレースを進めた2番人気ハタノヴァンクールが2周目の3コーナーから徐々に進出し直線で先頭に立つと、ワンダーアキュートの追い上げを退け優勝。昨年末の東京大賞典2着の雪辱を果たすとともに、昨年7月のジャパンダートダービー以来となる重賞制覇となりました。

  レース 5_1 IMGN1665_1.jpg  第62回川崎記念(JpnⅠ) 結果

  口取り 4_1 口取り 5_1 口取り 7_1

  表彰式:四位騎手_1 勝利ジョッキーはJRAの四位洋文騎手

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式_1 表彰式:記念撮影 1_1

 川崎記念では、3頭の誘導馬による本馬場入場でした。

  誘導馬 2_1 誘導馬 3_1 
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME