川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

名牝の子供たちが入厩しました!

2013-05-12-Sun-12:19
今日は母の日ですね。
みなさんはどんなプレゼントを贈りますか?

川崎の山崎尋美厩舎には南関東で活躍した名牝の子供たちが入厩しています。
偉大なる母への親孝行はなんといっても勝利の星。
母が走った同じ南関東でどんな活躍をするのか楽しみですね。

まずは3歳牝馬フォレノワール。
母はネームヴァリュー。

帝王賞の逃げ切り勝ちをはじめ、TCK女王盃、東京記念、大井記念、ファーストレディー賞、京成杯グランドマイラーズと重賞6勝。
マイルから長距離まで幅広い実績を残しています。
父はアグネスタキオン。
130512フォレノワール

5月6日にやって来たフォレノワールは中央で4戦1勝。
「体質の弱い面があったようですが、品のいい顔立ちをして良い雰囲気を持っていますね」と柳田厩務員。
500キロの大柄な馬体は背も高く、脚が長い、人間でいうならモデル体型(^^)
しかも、ごらんの通りの美人さんです。

6月12日の関東オークスが移籍緒戦になる予定です。



そして、もう一頭南関東の名牝を母にもつのが2歳牡馬ギンマクデビュー。

母はプルザトリガー。
エンプレス杯でグラップユアハートに影を踏ませなかった勝利は2005年のことでしたね。
そのほかTCKディスタフ、トゥインクルレディー賞勝ちと牝馬の王道をいきました。
130512ギンマクデビュー

父は砂のリーデイングサイアー、サウスヴィグラス。
「背が低く、お尻がブリブリしている、いかにも父サウスヴィグラスという体型をしていますね。跳びの重心も低い。まだ幼い面もあるし、これからどんどん馬体面、精神面の成長を見せてくれると思います」と茂木厩務員。

5月9日の馬体検査の時点で440キロ。
4月上旬に入厩しましたが、まだ15-15の調教を消化した段階ですので、デビュー時期は未定です。
130512ギンマクデビュー2

130512ギンマクデビュー1

名牝の仔とはいえ、茂木厩務員に甘えたり、馬房ではまだこんなやんちゃな面も見せています。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME