川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

JRA認定競走 ゴールデンルーキー賞

2013-08-20-Tue-02:05
7月開催のスパーキングデビューで始まった、川崎競馬の2歳戦。今開催初日の7レースには、今年の川崎競馬で初となる2歳馬の特別戦、「JRA認定競走 ゴールデンルーキー賞」が行なわれました。

 13頭立てで行なわれたゴールデンルーキー賞。その名の通り、未来のスターホース候補が揃って出走しています。

昨年の東京ダービー馬プレティオラスの弟ウィーゴー、桜花賞馬フィリアレギスの初娘ナタリス、平和賞馬チョットゴメンナの弟スウェプトジョーイ、TCK女王杯馬ハルサンサンの弟ハルノメザメなど血統だけ見ても魅力いっぱいな若馬たち。また、この夏、新馬戦で旋風を起こしている新種牡馬ヨハネスブルグ産駒も2頭が出走。バーンザワールド、ハルノメザメがヨハネスブルグ産駒です。

 レースは、1番人気ウィーゴーが好スタートからハナを奪うと、そのまま主導権を握り、最後の直線でそのまま粘りこみ勝利。これでデビューから2連勝となりました。2着には、後方から徐々に進出したハルノメザメが入りました。2番人気のナタリスは先行集団からレースを進めるも、4着という結果に終わりました。

  7R:ゴールデンルーキー賞 結果
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME