川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第6回開催 スパーキングデビュー勝馬のご紹介

2013-08-27-Tue-23:44
開催最終日となった8月23日には、2歳新馬戦の「スパーキングデビュー」が行なわれました。今開催は2鞍で計15頭が出走した「スパーキングデビュー」。勝馬をご紹介します。

 1レースのパドックが始まる直前に振り出した大雨。パドックも池のようになりました。
 
 1レースは2番人気のマリアンズクック(原三男厩舎)が勝利。激しい逃げ争いから抜け出し先頭に立つと
 直線は鞍上の町田直希騎手が後ろを振り返る余裕の手応えで優勝。接戦の2着争いはブルースキーがミカサハヤテオーの追撃をクビ差凌ぎきりました。

 マリアンズクックの母は同じ原三男厩舎所属で2006年のローレル賞を制したエイコークック。

  エイコークック_1 IMG_7757_1.jpg エイコークック(2006年 ローレル賞優勝時)

 エイコークックはそのローレル賞を最後に引退しましたが、夢の続きはその娘に受け継がれました。

  130823 1R新馬優勝マリアンズクック

  マリアンズクック[牝] 父:ブラックホーク 母:エイコークック 原三男厩舎

 3頭に人気が割れた2レースは、今野忠成騎手騎乗のティアラン(飯田幸雄厩舎)がダッシュ力で逃げを打ち、ティアランに3頭が競り続ける激しい展開。直線、二の脚を使い後続を振り切るとそのまま2馬身の差をつけてのゴール。2着にはオーラファングが入りました。

 ティアランは叔父に中央ダート1000万下勝ち馬が2頭居る血統。2頭共にダート1800での勝利だけに距離が伸びても良さそうです。
 
  130823 2R新馬優勝のティアラン

 ティアラン[牡] 父:ネオユニヴァース 母:ヴィクトリアルイゼ 飯田幸雄厩舎

 誘導馬も大雨に合羽姿ですが、さすが大先輩、全く動じず若駒の誘導を努めてくれました。2レースは新馬戦限定初心者マークのコスプレに素早く着替え登場しました。

  130823 2Rの誘導馬

 次開催の川崎競馬は9月2日~5日の4日間開催。通常より1日短い4日間開催となります。6日の金曜日は船橋競馬開催のため、ご注意ください。次開催も、みなさまのご来場をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME