川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第7回開催 スパーキングデビュー 勝馬のご紹介

2013-09-07-Sat-02:41
開催3日目の9月4日には、2歳新馬戦の「スパーキングデビュー」が行なわれました。 今開催は2鞍で計17頭が出走した「スパーキングデビュー」。勝馬をご紹介します。


 1レースは単勝1.5倍に推された1番人気の真島大輔騎手騎乗グレンデール(高月賢一厩舎)が勝利。好ダッシュからハナを奪うとフジノサンバ、コヨウテを引き連れて先頭集団を形成。4角を回ってからGoサインのステッキを軽く1つ入れ追い出すと2番手以下を突き放してのゴール。接戦の2着には先行したコヨウテが入りました。

  130904川崎01R2歳新馬 グレンデール-01

  グレンデール[牡] 父:ゴールドヘイロー 母:ロングモニュメント 高月賢一厩舎

 グレンデールは全兄に中央1000万下勝ちのアポロラムセス、叔母に桜花賞トライアル勝ちのサウンドバリアーが居る血統。2頭とも短距離を得意としていた馬でしたが、グレンデールも兄弟に続いてほしいですね。


 3頭に人気が割れた2レースは、アージュとマルモリロイヤルが逃げ争いの速い展開。番手で追走していた見澤譲治騎手騎乗のトキノセレブ(八木正喜厩舎)が向こう正面から進出を開始。4角で逃げ馬に並びかけると、最後はマルモリロイヤルを突き放して優勝。2着にはマルモリロイヤルが入りました。

  130904川崎02R2歳新馬 トキノセレブ

  トキノセレブ[牝] 父:ワイルドラッシュ 母:エリモセレブ 八木正喜厩舎

トキノセレブは叔母にエリザベス女王杯馬エリモシック、エリモピクシーが居る血統。 近親は芝で活躍する馬が多いですが、父がワイルドラッシュでダートでの活躍が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME