川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第13回ローレル賞(SⅢ)

2013-11-13-Wed-02:24
2011年から地方全国交流競走として行なわれているローレル賞。3着馬までに、年末に行なわれる東京2歳優駿牝馬の優先出走権が与えられます。今年は、北海道、笠松から2頭の遠征馬が参戦。フルゲート14頭で行なわれる予定でしたが、トキノセレブが取消となり、13頭立てで行なわれました。

 スタートしてヴァカンスが先手を奪い、主導権を握り、レースは進みます。クライリングはインで中団からの競馬。中団からレースを進めていたクライリングですが、3コーナーから一気に仕掛けて上がると、直線では逃げるヴァカンスとの争いに。最後はクライリングが交わし、1馬身1/2差をつけ1番人気に応えての優勝となりました。

  レース 3_1 レース_1_1  第13回ローレル賞(SⅢ) 結果

  口取り 1_1 IMGL9978_1.jpg

  IMGL9983_1.jpg 勝利ジョッキーは御神本訓史騎手

 関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式_1 表彰式:記念撮影_1

 優勝したクライリングですが、レース後はこのまま南関東に移籍となるため、今回がホッカイドウ競馬所属としては最後のレースとなりました。

  ③クライリング 1_1 ③クライリング 2_1 ③クライリング 3_1 ③クライリング 4_1

 新しい所属先は山崎尋美厩舎。次走からは、川崎所属として出走するクライリング。みなさまの応援、よろしくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME