川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第24回ロジータ記念(SⅠ)

2013-11-14-Thu-03:14
1988年~1990年に川崎で活躍したロジータ。母としても成功を収め、「名牝」として今なお語り継がれています。そのロジータの功績を称えて創設されたロジータ記念も今年で24回目を迎え、創設からまもなく四半世紀となります。

 2011年から地方全国交流競走となったロジータ記念ですが、今年は笠松と高知から1頭ずつが参戦。フルゲートの14頭立てで行なわれました。

 逃げたのはオキナワレッド。トライアル優勝馬のヒットザトレイル、ローズベビークリスと続き、レースは進みます。

  レース 1_1 レース 2_1 逃げたのはオキナワレッド

 軽快に逃げるオキナワレッドでしたが、2周目の3コーナー~4コーナーで2番手まで上がってきたカイカヨソウが迫り、さらには桜花賞馬のイチリュウも迫ります。直線に入り、逃げ込みを図るオキナワレッドでしたが、カイカヨソウが直線で交わすと3馬身の差をつけ優勝。2着には、後方から競馬を進めたケンブリッジナイスが2着に押し上げました。逃げたオキナワレッドは3着、今年の桜花賞馬イチリュウは5着という結果でした。

  レース 3_1 ④カイカヨソウ _1 第24回ロジータ記念(SⅠ) 結果

  口取り 2_1 口取り_1 口取り 4_1

  表彰式:今野忠成騎手 2_1 我らが騎手会長、今野忠成騎手

 川島正行調教師は、ロジータ記念3連覇を達成。今野忠成騎手は、初のロジータ記念制覇となりました。関係者のみなさま、おめでとうございます。

  表彰式_1 表彰式:記念撮影_1_1

 今年のロジータ記念には、ロジータの孫であるローズベビークリスが出走。残念ながら8着に終わりましたが、ロジータの血を受け継ぐ馬として、今後の活躍に期待したいですね。

  ⑪ローズベビークリス 1_1 ⑪ローズベビークリス 3_1 ⑪ローズベビークリス

 他地区から参戦したのは、笠松のエイシンルンディーと高知のアラマサシャープ。エイシンルンディーは4着と健闘。今回も人気薄でしたが、桜花賞5着の実績がダテではないことを証明しました。

  ③エイシンルンディー 1_1 ③エイシンルンディー_1 ③エイシンルンディー

 高知から遠征のアラマサシャープは、今年の高知優駿優勝馬。グランダムジャパン3歳シーシンでも、健闘していた同馬。関東オークスでは13着でしたが、今回は7着と健闘しました。鞍上は、現在、高知競馬で期間限定騎乗中の須藤優騎手。須藤騎手にとっても、貴重な経験になったことでしょう。

  ⑨アラマサシャープ 1_1 ⑨アラマサシャープ 2_1 ⑨アラマサシャープ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME