川崎競馬倶楽部ブログ

川崎競馬の様々なシーンをお伝えします。

第10回開催 スパーキングデビュー 勝馬のご紹介

2013-12-26-Thu-23:27
開催最終日の12月20日には、2歳新馬戦の「スパーキングデビュー」が行なわれました。 今開催は2鞍行なわれ、計17頭が出走した「スパーキングデビュー」。勝馬をご紹介します。

 1レースは、2番人気の町田直希騎手騎乗フェイスシャイン(鈴木義久厩舎)が勝利。最外枠から好スタートを決めたフェイスシャインがマイペースの逃げを打ち、4コーナーを回って後続を突き放すとそのままセーフティリードのまま優勝。3番手追走から上がっていくも差は詰まらずラピッドゴールドは2着でした。

  131220川崎01R2歳新馬優勝フェイスシャイン

  フェイスシャイン[牝] 父:アジュディミツオー 母:ミスプロ 鈴木義久厩舎

 フェイスシャインは父が中央馬相手にG1を5勝したアジュディミツオーの最初の産駒(2011年2月2日生まれ)。母系では叔父に中央2勝馬が2頭居り、中距離まで対応できそうです。

  アジュディミツオー-01 アジュディミツオー-02 2013年のアジュディミツオー

 2レースは、1番人気のこれまた最外枠の町田直希騎手騎乗ゴールドジャック(内田勝義厩舎)が勝利。最外枠から好スタートを決めたゴールドジャックがスローペースの逃げ、2コーナー過ぎからペースアップについていけるのはヒカリカラノーのみで縦長の展開に。直線に入り気合をつけると、ムチ無しで一気に8馬身の差をつけ優勝。ゴールドジャックに挑んだ分最後一杯になりながらもヒカリカラノーが2着に粘りました。

  131220川崎01R2歳新馬優勝ゴールドジャック

 ゴールドジャック[牡] 父:ノボジャック 母:エビスチェリー 内田勝義厩舎

 ゴールドジャックは祖母の弟にエビスオペラ(金峰山特別)が居る血統。ちなみにゴールドジャックという馬名は3代目になります。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME